お盆の対話?!似たものは似たものを補う

家人は映画鑑賞。

私はお盆だけに?対話中。。。(笑)

疲れ目と、足がつりそうになったので牛すじで血を補うことにしました。

牛すじ肉は馴染みのない食材だったのですが、

薬膳を学ぶようになってからはスーパーで発見すると飛びつきます!。

(マニアックですが、馬のすじ肉の方が馴染みです。。。(笑))

人氣があるようで競争率も高いし、しかもあまり安くない(ー_ー)!!

 

お盆休み。スーパーも暇なようすで今回は戦わずして牛すじ肉をGET(笑)。

そういえば、国民的な休日に牛すじを煮ることが多い私。いつぞやの正月も煮てたっけ・・・。

退屈だと瞑想クッキングが急に始まります(笑)割と夜( ^ω^)・・・

ということで、ていねいに下ごしらえしますよ~。

下ごしらえ

①しばらく水に浸け、血抜きする

②灰汁をとりつつ煮こぼし、肉を洗う↓

③食べやすい大きさにカットして、臭みとり用の葱と生姜を入れ柔らかく煮る↓

④肉とスープは別にして保存。これで下ごしらえ完了!

スープは冷凍しておきます。いつかのカレー用。

 

そしてアレンジすること一日目は、家人のリクエストにより

牛すじのドライカレー

ポイントは肉の消化を助ける山査子入りです。レーズンとナッツをトッピング~ヽ(^o^)丿

薬膳では似類補類(にるいほるい)といって「似たものは似たものを補う」考え方があります。

例えば、血は赤いので同じ赤い色のものを食べると補うとか。

筋肉は筋肉を補うとか。

牛すじ肉を食べることで血と筋を補えますね。

あとは、棗も赤色なので補血と心を安定させるはたらき。

レーズンやブルーベリーは瞳に似ているから疲れ目に。

断面図が心臓の形に似ているトマトは

夏のオーバーヒートしがちな心臓をたすけ、甘味と酸味は体内の津液(潤い成分)を生み

トッピングした補腎のクルミは脳の形。。。そんな感じです。

思わず怪しい?って思ったけど、なるほど!すんなり受け入れられた考え方。

潜在的に知っていたかのような感覚でした。

とても単純で分かりやすいし、面白~い。

だってクルミの形、脳に似てますものね。そんな風に食材をみると新発見です。

食材の効能自体、現代でも証明されてるものも多いようですよ。

 

トマトベースのさっぱりドライカレー♪美味しかったです~。

次のアレンジはどうしましょう??

 

広告