忘れていた種と覚悟

忘れていた種と覚悟

春になったら植えてみよう!

 

昨年、そんな思いで取っておいた種。洗ってからなんのきなしにリビングのサイドボードに置いた。

 

そこにはポトスや原石、クラスターやらもあって違和感なく馴染んでいる。

 

素朴なその様が氣にいった。

 

氣づけばもう秋。そんなフレーズの歌があったような…?!

 

春の約束すら忘れ、リビングのオブジェと定着したコは、何の種だったのか思い出せない。。。

 

発芽力があるのか否かも分からないくらい月日が経ち…

 

この度、断捨離ついでにサヨナラした。

 

 

破壊と再生は一対で、日々起こっている。自然界も私たちの心も体も同様に。

 

今までの自分と、これからの自分。

今までの自分を変えよう!と思っても、過去に縛られて尻込みしてしまう。

変わらない方が楽じゃん。。。

いや、変わりたい。。。

いや、私は変わる!!

でもさ…

決着のつかない綱引きを繰り返す。。。

 

取り巻く殻を脱ぎ捨てるためには覚悟が必要だと思う。そして揺らがぬ意志。

 

自らなんらかの儀式をするか、そうせざるを得ない状況下を引き寄せるか?

 

自らの手で選ぶか、タイミングをまつか。。。

 

バンジージャンプはある部族の成人の儀式。同じように、友人の覚悟の儀式はスカイダイビングだった。

 

一年前の夏の終わり。

 

友人は飛ぶ前夜にやってきた。

 

過去を脱ぎ去る意志は揺るぎないものだったが、家族との日常では横槍が入るのを懸念して、儀式の前に我が家を選んでくれた。

 

未来へのダイブ。その一端を担えたことを光栄に思い一緒に温泉で禊をし

ワクワクとドキドキで高鳴る胸で眠れたのかは定かではないが、

希望に輝く友人を翌朝見送った。。。

 

覚悟の磨き方は人それぞれだろう。

 

あれから一年。

再会した彼女は、その間あった二転三転四転…の出来事や氣づき、そして繰り返した数々の自問自答を話してくれた。

 

一年前とは明らかに彼女は変わっている。生き生きとし、以前感じていた窮屈さを感じなくなった。

 

あの頃は携えている翼の存在にも氣づかず、自由に舞う姿など想像さえもしていなかったのに、

 

今は羽ばたき舞う空をイメージしている。そして次のテーマを胸に抱き帰っていった。

 

ある朝、友人からもらったプルーンを食べた。そして目前にはあのコがいた‼︎

 

リビングでオブジェ化していた種は一年越しでプルーンだと判明。

 

あの覚悟の前夜に友人がくれたプルーンだった。

 

種は土に植えて発芽するだけではなく、次元を超えたフィールドでそのエッセンスは活きていた…

 

友人の覚悟の種。

 

そして今年蒔いた種が、どんな実りとなるのか~♬

 

あなたの覚悟の磨き方は、どんなことですか?