おさらい~イカリソウ発見!

おさらい~イカリソウ発見!

先日、散策した公園で「イカリソウ」を発見しました!!(*‘ω‘ *)

(3月の記事「イカリソウ」はこちら~

先月お勉強したばかり。こんなに早く実物が観れるなんてラッキー(≧◇≦)!!!多分、今までは氣がついていなかっただけなのかも(^-^;。意識するって大事ですね~(^^♪。

 休日の東京都小山内裏公園はちょうどイベントが行われ、菜の花摘みや乗馬体験、コンサート、お汁粉や豚汁コーナーもあって大変賑わっていました。お天氣がいいとはしゃいじゃいますが、日陰はまだ肌寒さがのこります。

 

この辺は多摩丘陵の端っこ。園内に自生する代表的なものを移植した野草見本園がありました。その中に白く小さなイカリソウがしっとり咲いていたのです(≧◇≦) 

通路沿いの見本園には柵があって、残念なことにそばでは観れず(;_:)(;_:)なんとか必死に手を伸ばしてスマホで撮影。こういう時にカメラを持っていないのが悔しいです!!しかもピンボケしとる。。。(;一_一)

それぞれの花弁の先端には細長い角のようなもの【距(きょ)】があって、広がるさまが錨ににていることから花名の由来となったそうです。虫をおびき寄せる為の蜜が奥に溜まっているという距(きょ)が特徴的で見分けがつきます。

因みにネームプレートに貼ってあるシールは三つの基準があるとか↓。

・緑は小山内裏公園の中に自然に生えている植物。

・青は小山内裏公園の中には自然に生えていないが多摩丘陵の他の場所に生えている植物。

・黄は多摩丘陵には自然に生えてはおらず他の地域で生えている植物。および人工的に品種改良された園芸品種の植物。

イカリソウは緑シールが貼ってあったので自生しているということですね(^^)v。トレッキングコースがあるので散策してみよう~♪

ハハコグサ↓

しかし、お馬さんに乗ってみたかった。。。お子さん限定だって(;_:)。その代わり?にお汁粉はガッツリ頂きました!!。花も団子も。欲張りです~(笑)

室内の観葉植物が陽が当たる方、当たる方へと伸びていきますよね。私たちも疲れた時、日光を浴びると元氣になる~。おてんとうさまに手を合わせたくなります(*‘ω‘ *)