イチゴと事件

イチゴと事件


イチゴと聞いて何をイメージされますか?

イチゴ大福、いちご狩り、イチゴショート、木苺、甘酸っぱい、ビタミンC、美容。。。たいして出てこないです(笑)

イチゴ大福は和菓子屋さんでもすっかり定番になっていますね。最初は大福に果物を入れるなんて!異色な組み合わに敬遠してましたが、食べてみると餡子と甘酸っぱさが合うこと!ほんと美味でございます~。最近では大福よりもイチゴが大きくて、お包みから飛び出してるし( ̄▽ ̄)ヴィジュアル的にも地味な大福よりは目をひきますね。イチゴ大福を考案した方すごい! (薬膳和菓子↓イチゴ入り)

しかし、甘酸っぱくて美味しいイチゴは写真を見ているだけでも唾がでちゃいまっすね~。そうなんです!まさにこれが食材の効能の一つです。

程よい酸味が唾液の分泌を促進するので体内の潤いを補えます。発熱時の喉痛みや喉のかわき、空咳などを和らげたり、ストレスや月経前などでイライラや興奮状態の時に体内に溜まった余分な熱を鎮め、ストレス解消にも役立ってくれます。

(寒性/甘、酸/肺胃肝/生津止渇、清肝熱除煩、利尿)

オリンピックで「そだね~ジャパン」の女子カーリング選手の休憩時、イチゴをほおばる姿が映っていましたが、まさにそれです!!。高ぶった神経を鎮め、火照った体に潤いとビタミンCが疲れを和らげていたのですね。

逆に、食べ過ぎは体を冷やします。イチゴ狩りで欲張って食べた後に下痢しちゃうのはイチゴの繊維と胃腸の冷えが原因だったりします。。。つい元をとりたくなるのよね。氣をつけましょう~(わ・た・し)

大きめのイチゴなら1日6個を3回に分けて食べるのが目安らしいのですが、ただ、もともと冷え体質や胃腸が弱い方、水分代謝が低下し浮腫みがある方などは控えめにしましょう。なんでも食べ過ぎれば毒ですね。

イチゴはバラ科。↑原産地は南アメリカのチリとされ、現在のイチゴは18世紀中ごろオランダの野生種とバージニアイチゴが交配してできた新種。19世紀オランダから日本に初めて伝わりオランダイチゴと名付けられた。明治以降、現在のように普及し栽培されたのは西ヨーロッパの良種を導入した明治以降のこと。(東方栄養新書より)

リンゴ殺人事件って歌がありましたね~。って古っい!世代がバレバレですが、イチゴにまつわる事件が色々ありまして(特に夫)ほんの一部をご紹介。どーでもいい話ですが、まぁちょっと聞いてやってください(^-^)

Advertisement

イチゴ事件其の壱。

新婚当時、目黒区の三階建てアパートの三階に住んでいました。この部屋は珍?事件が多々あった部屋でして・・・”(-“”-)”またの機会ということで割愛。

狭い1LDKだったのでベランダに高さ150cmほどの物置を設置。夏、帰宅すると蝋燭が溶けているほど陽当りが良かったので物置の上に鉢植えを置いたり、下にも長方形のプランタを置き野菜などを少し育てていました。

ある時、イチゴの苗を植えて毎日せっせと夫が水やりをしていました。時には話しかけたりして(笑)。大事に育てたイチゴは白花が咲き、やがて一つだけ実を結び、赤~くなるのを心待ちにしていました(≧◇≦)。

どうも他視線を夫は薄々感じていたようで、ある日、室内からサッシのすりガラス越しに黒影がチラついたのです。すかさず夫がサッシをそ~っと開け、それを思いっきりぶっ叩いたのです!!

ギャgaガ@r:@ーー! 一帯にに変な声が響き

その黒影は脳震とうを起こしたようにヨロケながらも逃げていき、向かいの電線で鳴き叫んで文句を言っているようす。

その黒影はカラス。夫も負けじとカラス語?でガーガー言い返し。奴は夫の水やりを毎日見てイチゴを狙っていたのです!!。

大事に大事に育てたイチゴは。。。カラスに食べられました( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)無念!

食べ物の恨みは恐ろしいといいますが(どっちの?)それから数日間、夫はそのカラスに着け狙われまして、言い合いが続いたのでした(爆)

そこで夫がカラスと対話できる?と知ったのでした(笑)その後の展開もあるらしい。。。本人に聞いてください~。↓

 

 

イチゴ事件其の二

長野の山育ちの私の話です。子供の頃、野山を駆け回って遊んでいると田んぼの土手に赤い実を付けている草をよく目にしました。ある学校帰り、空腹でその魅力的な赤さにそそられた私は・・・思わずパクリ。うわ、うわ、不味っ!!(;_;)/~~~

イメージと全く違う味に直ぐさま吐き出す始末(笑)。私の中でイチゴと蛇イチゴはイコールだったのです。赤い実→美味い!の定則は消えさりました。こうやって学んでいくのですね(。-`ω-) 蛇イチゴは食べても美味くないが毒性はない!と書いてあったので今さらながら安心しました(^^♪。

本日のメッセージ「期待は人間関係を損なう」

人間関係ではないですが私の期待は空しく終えたイチゴ事件。太古の人たちは食料を求めて野山を歩き、こういった体験をたくさんしたことでしょう。臭いをかいだり観察して口に入れてOK?NO?。下痢や腹痛になったり、毒にあたって死にかけたり、死んでしまったり。。。その繰り返しのお陰で、現在の食材や薬、毒として区別され活かされているのですよね~。

のために食べ物と治療につかえるものを探す中、多くて1日に70種の毒にあたりながら効能と毒の有無を調べ分類したという伝説の皇帝「神農」さんを思い出しました。今でも医薬の祖として崇められていますが、漢方や薬膳のお勉強には欠かせない中国医学の三大古典のひとつ「神農本草経」という自然薬の解説をした薬物学書にまるわるエピソードです。

たくさんのいのちや礎があって今が在る。「あなたは私をよろこばせる」ほんまや~ありがとう~。

今日もお付き合いありがとうございました。