漢方にドはまりしたキッカケ~ナツメ①

ナツメ畑

12月初めの帰省時、実家のナツメ畑をみてきました。

住まいからは少し離れた所にあるので、お散歩しながら故郷を感じる時間です。

事故に遭ってから体力的に余裕がなかったので、ここ数年は収穫せずに放置プレイの畑。

細い木が数本ありますが、数年分のストックを得られるほど毎回たわわに実ってくれます。

今年も豊作だったようで、落ちた実が絨毯のように広がっていました。

 

 

 

漢方や薬膳を学んでから、ナツメの有難みを知った私。

子供の頃、旬になるとフレッシュな果実を木からもいでは、ほおばり(笑)

姫リンゴに似た甘酸っぱさと、シャキシャキした食感を楽しんだものです。

またオヤツにはナツメの甘露煮。

母が言うには、昔、地元の土産品にナツメの甘露煮があったとか。

そんな暮らしの中に、アタリマエにあったナツメですが

それが何なのか?まったく氣にとめていませんでした。

 

アタリマエにあるものに目を向ける機会は、それを失った時だったり

または別の世界に足を踏み入れた時におとずれますよね。

 

広告

 

美味しそうに見えるのに・・・

この真っ赤な実はすっかり収穫時を逃しています。

残念ながらボケたリンゴのような味(^-^;。

水分が減り、しなびてヘナヘナ状態です。美味しそうに見えますよね!?

一応、口に入れて確認してみましたが・・・やっぱりマズっ!!

今年はこのままにしておいて、来年よろしくね~。

 

ところでナツメって?

ナツメと言えば、参鶏湯(さむげたん)に使う、赤い実といえばお分かりになる方も多いでしょうか?

丸鶏に、もち米や高麗人参やナツメなどの生薬をいれて煮込む料理ですが、

韓国や中国では食材として料理や菓子など頻繁に使われています。

 

茶道をたしなむ方にとって

「ナツメといえば・・・」

抹茶を入れる茶器として知られているようです。

茶器と果実の形が似ているから名付けられたそうですが、

お友達の茶道家に乾燥ナツメをプレゼントしたところ、実物を初めて見たそうでとても喜んでおられました。

「一日三個のナツメを食べると生涯若く見える!」

中国の諺にあるほど滋養強壮食品として有名です。

乾燥したナツメは、生薬名を大棗(たいそう)と呼ばれ

「大棗をつかわない漢方医はいない」というほど様々な漢方薬に使われ

漢方の勉強をし始めたころ、市販の漢方薬の成分表に「たいそう」を発見しては

ほくそ笑んだものです(笑)

身近なところでいうと、葛根湯にも入ってますよ。

ナツメは脾胃などのはたらきを丈夫にして氣血を補い、心を穏やかにする滋補薬とされるので

胃腸虚弱や氣力不足、貧血、不眠、子供の夜泣き、ヒステリー、更年期障害などの処方にも使われています。

私も事故の治療で出されたお薬に必ず使われていましたし、心身ともに疲れを癒してくれる優れた果実ですね。

 

広告

 

 

ナツメの効能とまとめ

生薬名:大棗(たいそう)。和名:ナツメ

  • クロウメモドキ科の落葉樹。
  • 薬用部分:果実
  • 味性:甘/温。帰経:脾胃。/補中益氣、養血安神/
  • ナツメとネギ・魚との食べ合わせは腰痛、腹痛を起こすといわれる。
  • 和名のナツメは夏に芽が出る(夏芽)に由来。オオナツメとも呼んでいた。
  • 原産地は中国。(南ヨーロッパからアジア南部説もあり)
  • 世界でも広く栽培され400種類以上の品種がある。
  • 日本への渡来は奈良時代以前。古くから栽培され万葉集の歌にもみられる。現在は、長野、富山、岐阜、東北地方、瀬戸内海岸地域に残る。
  • 乾燥させて食用や生薬としても用いられてきた。
  • 日本では庭木の扱い。実ってもあまり食用にはしない。

 

漢方にドはまりしたキッカケ

私のオヤツが生薬だったなんて、かなり衝撃でした(@ ̄□ ̄@;)!!

しかも唯一知っていた葛根湯に配合されていたとは。。。

それから、ナツメに対する扱いが激変!!!(げんきんな性格です)

漢方薬に親近感をもち、もっと知りたくなりました。

今思うと、漢方の世界にドはまりしたキッカケはナツメです

それ以来、毎年稲刈りの時期にはナツメも収穫して

乾燥させたり、ジャムや甘露煮、ナツメ酒などに加工しては体調や体質に合わせて活用しています♪。

 

自然に準えた暮らし

数年前、実家の近くでナツメの大木が切られていました(;_;)/

庭木の扱いで実っても放置されていますが、氣軽にお医者さんに行けなかった時代には

きっと薬としても使われていたのかもしれませんよね。

時代とともに見向きもされない存在となっているのが、とても残念です。

活用するには手間暇かかるので、なにかと忙しい現代では難しいことかもしれません。

収穫したものを加工して保存し、活用するという自然界に準えた暮らし自体が

とても優雅で贅沢だと感じる今日この頃です。

 

ナツメの使い方は、また次回に。

今年も、お付き合いありがとうございました。

皆さま、どうぞ~良いお年をお迎えくださいねヽ(^o^)丿

広告