プロフィール

初めまして。

お越しいただきありがとうございます。

薬膳よなよ 主宰のachikoです。

ひとりで自由に大好きなカフェに行ったり

好きな所へ行ける・・・

​当たり前を失うと当たり前が幸せなことだと知りました。

​今の自分とじょうずな付き合い方を編み出し中です。

​​どうぞ、よろしくお願いいたします。

1973年

長野県生まれ。諏訪大社産土神で標高1500m近い山育ち。

遊び場は野山!怪我や病は氣合いで治す派。

漠然と内なる力を信じていました。

コンサルティング会社に入社。

店舗運営や人材育成に携わるなか東洋思想の陰陽五行論に出合い、

多くのヒントを得て人間関係を改善。

いつしか「猛獣使い」とあだ名をつけられ

各店舗に派遣されるようになる。

 

体調不良で退社。

アンバランスな自分を知るため

夫の影響でインドへ渡りマントラとヨガにふれ、魂ワークを始める。

夫の仕事であるスピリチャルカウンセリングを手伝い、

多くの仲間に会う。

2011年

人生初、交通事故に遭う。頸椎捻挫、耳石障害。

処方されるがまま

1年以上数十種類の鎮静薬などを服用し体質が激変。

一向に改善されない西洋医学や西洋薬に対し疑問をもちはじめる。

2012年

体質改善と家人の病を機に「食」の重要性を感じ、

薬日本堂漢方スクールにて漢方・薬膳を学ぶ。

漢方薬がキッチンで生まれたことを知り魅了される。

身近な食材で食薬つくりにハマる。

漢方スタイリスト、養生薬膳アドバイザー取得。

2013年

健康とは「心・身体・魂の三つ巴のバランス」が

重要と仕事を通じ実感。

身体からのアプローチとして、

「薬膳よなよ&よなよ研究会」スタート。

自分を知る!をテーマに、

イベント参加、薬膳のワークショップを東京や帯広で開催。

 

2014年

二度目の交通事故に遭う。頸椎損傷により半身不随。両手指麻痺。

入院当初、排泄量が少なくて初めて浮腫みを実感。

おまるデビュー。

握力測定器で測定できないほどの非力。

薬剤投与、理学作業療法、鎮静薬、湿布薬を処方される。

入院中から食薬やお茶を持ち込み、学んだ薬膳知識を活かす。

自己セラピーにより身体と心のつながりを改めて感じる。

2015年

退院。車椅子生活。公共にある福祉設備に興味を持つ。

ティースプーンさえも重く感じ、その有り様に凹む。

車椅子操作で両手親指、人差し指のみ発達。

​退院後、理学療法と整骨院で治療。

めまい、神経痛、手足麻痺の後遺症に悩まされ

ドクターショッピングしまくる。

神経鎮静薬の怖さを知る。

​氣力不足でやりたかった鍼灸治療を断念。

氣力を取り戻すため内科漢方専門医にかかり漢方薬を取り入れる。

トレーナ―指導で体幹強化。繰り返すギックリ腰。

他、様々なセラピーを取り入れ身体の内外を調整。

2016年

杖歩行。

単独行動ができるよう挑戦。リハビリのため再び通学。

上級漢方スタイリスト取得。

 

2017年

現在、杖歩行。

単独国内旅行や公共交通機関の移動可能。

知識と経験から大好きな自然界を師に

日々養生法を研究、実践しています。

日本漢方養生学協会認定

漢方養生指導士、漢方上級スタイリスト

養生薬膳アドバイザー

 食品衛生責任者

◆これまでに取り入れた治療&代替法。

西洋薬、理学&作業療法

漢方薬、薬膳、ハーブ、鍼灸、整体、氣功、

マントラ、ヨガ、呼吸法、夢分析

ヒーリング、前世&インナーチャイルドセラピー、

波動療法、音楽療法、アートセラピー(曼荼羅、パステル)

和み彩香カラーセラピー

アロマセラピー、フラワーセラピー(森林浴、植物園散策など)

味噌セラピー

スポーツジムでパーソナルトレーニング&ストレッチ、

スポーツ栄養学(プロティンなど)

パワーポジションインソール、杖、

ストレッチポール、バランスボール